モフモフのモフモフのブログ

読書の記録、日々の生活のこと書いてます

【書評】『逆説の日本史18 幕末年代史編 黒船来航と開国交渉の謎』井沢元彦

『太平の眠りを醒ます上喜撰(じょうきせん)、たった四杯で夜も眠れず』という当時の幕府を皮肉った狂歌は歴史教科書に必ず登場します。「上喜撰」とは緑茶の銘柄で四杯飲んだだけで眠れない→「蒸気船」が「四隻」アメリカから来ただけで夜も眠れなくなるほど慌てる幕府の様子を狂歌にしたものです。
本書は詳細な史料をもとに、日本を開国させたいアメリカと幕府の役人の駆け引きが詳細に記されています。

 

 

『逆説の日本史』の好きなところ

 私が 『逆説の日本史』シリーズの特に好きなところは、以下の点です。

1.歴史を分かりやすく学べる。
2.歴史上の出来事と現代が、どの様に繋がっているかが関係性が良く分かる。
3.学校の授業では習わない従来の「定説では無い」説があるという事実を知る事ができる。


『まえがきにかえて』で井沢氏は、歴史を知ることの意義について述べています。

・二千年分の知恵を活用しない手はないと思うのです。
・歴史を読むことは、知識を得ることよりも知恵を生むことだと思っています。

 

 歴史を読むことで知識を得て新しい知恵が生まれる。読書することでストレス解消にもなる。なんかお得な感じがしますね。

 

 アメリカの目的は補給基地だったのに..

 アメリカが日本に開国を求めて交渉にやってきた、最大の理由は日本の植民地支配が目的ではなくアジア進出、中国との貿易をする為の補給基地の確保だったとのことです。当時アメリカから日本へ渡航する場合は大西洋からシンガポール、香港、マカオ、上海を通ってぐるりと遠回りしていたので、日本に補給基地を開港してもらうことは大変メリットがあったそうです。

その為、アメリカは最初(ペリー来航から9年前)は友好親善を求め、その要望に応じることは日本の国益にもかないました。

しかし当時の江戸幕府は有名なペリー来航の日がくるまで何も対策もせず、のらりくらりとアメリカに対して不誠実な対応でごまかそうとしたことで最終的にアメリカを怒らせてしまい、武力(砲艦外交)により威嚇され開国をせまられることになってしまうのです。武力により政治の実権を握っている幕府にとって最大の屈辱だったと思います。

 

しかし江戸幕府は徳川家康の思想を儒教で捻じ曲げ、鎖国を「祖法」 と思い込んで頑なに守ろうとしました。しかしそれらは全て幕府の怠慢によるものと筆者は切り捨てています。

徹底した情報管理と、その上に胡座をかいた「何もしない」政権、これが幕府である」と。

 そして明治時代に向けて日本に大きなハンデを背負わせてしまうことになります。

 

役人や官僚の描写がリアル

 本書は 幕末史の中でも、明治維新に関係した有名な人物が登場するというよりも、地方の役人や幕府の官僚が主役です。アメリカの開国要求に対して幕府が何もしないので、なんとかその場を乗り切ろうと現場の担当者が嘘をついたりごまかしたりする様がリアルに描写されています。

中にはやることが多過ぎて過労死をする役人(江川英龍)も出てきます。筆者は「日本初の労災死」ではないか、と言っています。本文の中でも紹介されていますが、江川英龍はかなり優秀な人物であり、異常なスピードでアメリカの脅威への対応を行なっています。その為負担が集中し、過労死…現代でもありそうな話ですね。

 

現代の組織でもトップが何もせずに現場が困る、というのはよくある話で、どの時代も同じなのだなぁと感じました。

歴史というと今の時代と考え方が違う、と感じてしまいがちですが、今も昔も人間の考えや行動はあまり変わらないのかもしれません。

技術の進歩以外は人間はあまり進歩していないという話も聞いたことがあります。
そんなことを改めて想像してしまう本書でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

私の愛機オリンパスPEN mini E-PM2

私は現在6歳になる娘を可愛く撮りたいと思い、休みは娘の写真を撮りまくっています。最近嫌がられる様になってきましたが、めげません(笑)。よく撮れたものはL版で印刷して家に飾ったり実家にあげたりしています。

私の愛機はオリンパスPEN mini E-PM2です。(ミラーレス一眼、マイクロフォーサーズマウント)普段は50mm相当(35mm判換算)
のM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8(ブラック)と電子ビューファインダーVF-4を付けっ放しにしています。

f:id:dokusyokeibudono:20170131185815j:plain

 

コンパクトでスタイリッシュ・多機能

2013年12月に購入し、もう3年間使用しています。その前はコンデジでしたが、もっと良い写真を娘の為に残したいと思いデジタル一眼が欲しくなりました。妻は「スマホで充分」というタイプで「大きなカメラは嫌だ!」と言われました。なのでコンパクトなミラーレスで検討、色々見てデザインがスタイリッシュなPENがいいなと思う様になりました。 

当時のPENシリーズでPL-5とPM2を比較したのですが、PL-5はバリアングルモニターの分だけ厚く見え、ダイヤルも不要と感じた為PM2のダブルズームレンズキット(当時¥37800)に決定しました。


キットレンズ2本のうちM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ Rは既に売却してしまいましたが、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 Rは今でも愛用していて、公園での撮影や運動会ですごく役に立っています。当時の私には「OMD画質」というフレーズが魅力的に響き、実際私のレベルでは十分な画質でした。

 

最近のオリンパスの機種OMD EM-1MARKⅡ、PEN F、 PL8の値段を見ると、PM2はレンズ2本ついてこの画質、しかも軽量コンパクト!コストパフォーマンスはかなり良かったと大満足しています。
しかしなんと後継機は無く、PEN miniシリーズは廃番となってしまいました。自撮りができないのが響いたのでしょうか…「セルフィ」を売りにしてますからね。
PENの中でも最大限にコンパクトなシリーズ、レストランでテーブルの上に置いてあっても存在感は少なめで仰々しくないところも気に入っていたのですが…

 ビューファインダー追加

 外で娘が遊んでいるのを撮影するのにライブビューだとピントが合っているのか見づらいのでVF4を追加しました。ライブビューで撮った写真を後で見るといわゆる後ピンになってしまっている写真がたくさんありました。
VF4をつけることでそれが少なくなり、ファインダーを覗きながら構えたときの「写真を撮っている」という感じが好きです(自己満ですが)。
買う前は「ボコっと飛び出して変ではないか」とか「コンパクトさが損なわれるのではないか」とかかなり悩んだのですが、見慣れると気にならなくなり(笑)昼間でも良く見えるので大変気に入っています。

 でもPEN Fも欲しい…ファインダーってやっぱり必要ですよね。

革貼で独自な感じに 

 私のPM2はホワイト色にネットで買った革張りをしているのですが、友人の結婚式で係員の若い女性に「見た事ないカメラですね。なんていうカメラですか?」と聞かれたり、幼稚園のママさんに「読書警部さんのカメラは高そうだって旦那が言ってましたよ」って言われたことがあります。
そのママさんの家のカメラは富士フイルムのグレードの高いカメラなのですが…廃番のカメラに革張り、ボコッとした黒いビューファインダー…得体の知れないカメラに見えるのでしょう(笑)

 

PEN mini E-PM2を買った当時、初めてのデジタル一眼だったので「F値って何??」というレベルだったのですが色々ネットで見ていたら黒顔羊さんのブログに出逢いました。

同じカメラ、レンズで撮ったとは思えない素敵な写真ばかりのブログです。やっぱり写真は機材でなく腕なんですね^^;ということが分かりました。

 

残念ながら黒顔羊さんはE-PM2を奥様に譲られたとのことですが、現在オリンパスはOMD EM5 MARKⅡやPL6を使用されているようです。ボケ味の比較をした記事があったり、美しい写真見ることが出来るだけでなくカメラの知識も学べるとても為になるブログです。

 不満な点

 三年間使用してみて、現在の不満点は

1.露出補正を背面のダイヤルに設定しているが、知らないうちに回ってしまう。

2.動きもののオートフォーカスが弱い?(技術の問題も大きいと思いますが)

3.連写がイマイチ。EVFのブラックアウト、バッファが一杯になってから記憶までが時間がかかる

4デジタル水準器が無い(これも技術ですが)

 

所有レンズ 

ところで私の現在所有しているレンズは

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8(普段付けっ放し)
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R(公園や運動会等)
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6(旅行)
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO(仕事で建物撮影)
です。
みんなお気に入りなのですが、やはりPROレンズの7-14mmは質感、手触りや操作感がズバ抜けて良く、なんというか一番です。
しかしPM2には完全にアンバランスです。買った時に嬉しくて後輩に見せたら第一声が「でか!」でした。まぁしょうがないですね

f:id:dokusyokeibudono:20170131162849j:plainこのアンバランス感も好きです

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131185741j:plain本体が269g、レンズ(7-14mmF2.8PRO)が534gと倍以上あります(笑)

f:id:dokusyokeibudono:20170131162839j:plain

 ストラップも気に入っています。ULYSSESのクラシコ(チョコレート)です。裏地側もいい色になってきました。次にカメラを買った時もULYSSESのストラップにすると思います。

 

これからもこの愛機で娘の写真をたくさん撮りたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

超広角レンズMZD ED7-14mmF2.8PROを持って浦安の古民家を無料で見学

オリンパスのプロレンズシリーズのM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROをPEN mini E-PM2に付けて、古民家が無料で見学できる千葉県浦安市の『旧宇田川家』『旧大塚家』に行って来ました。
東西線浦安駅から徒歩7~8分です。浦安市のHPには「駐車場有り」と書いてありますが、見当たりませんでした。もしかしたら敷地内に「駐車禁止」と表示がある場所に臨時で停めさせてもらえるのかもしれません。

 

所在地等 

 所在地: 千葉県浦安市堀江三丁目4番8号

電話番号:  047-352-3881
開館時間:  午前10時~午後4時
休館日:      月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)祝日の翌日、12/27~1/4

外観

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095851j:plain

『旧宇田川家』外観です。「フラワー通り」という通りにあります。

道路はそんなに広くありませんが、換算14mmと超広角なので、楽に建物を構図に収めることができます。

フラワー通りはお祭りが行われたり、TV撮影もちょくちょく行われるそうです。ブラタモリにも登場したみたいです。

浦安市はディズニーランドで有名な街ですが古くは漁師町として発展しました。
古くからの街を「元町」、ディズニーランドがある埋立地(1962〜1975年)は「中町」、それよりも新しい埋立地(1975〜1981年)は「新町」と呼ばれています。

 室内のようす

f:id:dokusyokeibudono:20170131095852j:plain

正面の入り口から入るとロウ人形と説明員の女性が出迎えてくれました。呉服屋や万屋(よろずや)、医師等様々な商売をここで行なっていたそうです。

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095853j:plain
廊下(縁側)があって中庭。

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095855j:plain
仏間のある8畳間。

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095856j:plain奥にカマドがありました。床板等の光沢はカマドの煤(すす)を100年以上毎日掃除をして磨いていた為に出たものだそうです。ワックス等の艶では無い味のある光沢です。

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095857j:plain
最近の住宅雑誌等では「中間領域」という言葉がよく出来てきますが、昔の広縁はまさに屋外と屋内をがつなぐ中間領域ですね。雨戸が全部開いているので屋外の様で室内の様でもあります。

釘隠しのデザインいろいろ

f:id:dokusyokeibudono:20170131095858j:plain

f:id:dokusyokeibudono:20170131095854j:plain

「釘隠し」と呼ばれる部材。二間続きのうち、ひとつの部屋は魔除け、床の間のある部屋は鳥?等変わったデザインでした。

7-14F2.8はかなり寄れるレンズなのでマクロ的に小物を大きく写すことも出来ます。もちろん届かない場合はズーム(換算28mm)で撮影出来ます。超広角なので、テレ側で撮った方が歪みは少ないです。

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095900j:plain
収納扉の把手にも細かい装飾が施されていました。昔の家は職人さんの心意気みたいな物が残っていていいですね。

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095859j:plain床の間。書院や違い棚、書院等現在の住宅にはなかなか見られないものが見学できます。建築を学ぶ学生さんが教科書だけでなく実物を見て勉強するのにオススメです。

2階もあります

f:id:dokusyokeibudono:20170131095903j:plain
2階です。説明員の方は「隠し部屋」と言っていました。

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095901j:plain
天井にある穴。覗き穴で、お店で折衝している様子を二階から聞いていたのではないかとのことです(笑)

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095904j:plain
二階にある箪笥。箪笥にまつわる小話を聞かせて頂きました。

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095905j:plain
階段は降りるときはかなり急です。

次は旧大塚家へ

f:id:dokusyokeibudono:20170131135833j:plain

『旧宇田川家』を出て左へ行くと足跡が描かれている細い道が『旧大塚家』への入り口です。写真右側に見えるのは「どんぐりころころ」というギャラリーショップです。様々な分野の作家展を開催しています。

 外観 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095906j:plain
こちらは旧大塚家外観です。フラワー通りから足跡が地面に描いてある細い道を入っていった境川沿いに建っています。
茅葺き屋根が印象的です。

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095907j:plain千葉県指定有形文化財。こちらにも別の説明員の女性がいらっしゃいました。
『旧宇田川家』が商家、『旧大塚家』が漁師の民家だそうです。宇田川家は明治2年建築という記録が残っていて、大塚家は記録が残っていないのでいつ建築されたかは分からないのですが、『旧大塚家』の方が古い建物だそうです。ということは江戸時代からの建物かもしれないということですね!

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095911j:plain

f:id:dokusyokeibudono:20170131095908j:plain宇田川家に比べると漁師の旧大塚家は質素でおおらかな感じです。やはりこちらも廊下と障子を通した光が穏やかで心地よかったです。

 

f:id:dokusyokeibudono:20170131095909j:plainこちらにもリアルな人形が...説明員の方ありがとうございました。

 

宇田川家、大塚家共ゆっくりと楽しむことができました。

お昼にそば屋『天哲』 

お昼ご飯には『旧大塚家』へ曲がる前にあるそば屋『天哲』がオススメです。こちらも100年以上続く老舗だそうです。今回は行けませんでしたが以前日曜日に入ったら満席で少し待ちました。

 

電話番号:047-351-2670
営業日: 月・火・木~日
定休日: 水曜日
昼:        11:00~15:00(L.O.14:30)
夜:        17:00~20:00L.O.19:30)