モフモフのモフモフのブログ

読書の記録、日々の生活のこと書いてます

コンパクトな三脚 UT-43Qをアルカスイス互換に【ピークデザイン用に最適化】SIRUI K-10X

私が普段遊びでも仕事でも使用している三脚はベルボンのULTREK UT-43Q(現在は廃番で雲台の仕様変更した品番はUT-43)です。
この三脚の雲台は自由雲台でクイックシューで取り付けるタイプですが、雲台をSIRUI K-10Xに交換してアルカスイス互換にした実例を紹介いたします。

今回の記事を読んでピークデザインを使っている方の使い勝手が少しでも良くなれば嬉しいです。

f:id:dokusyokeibudono:20170717120635j:plainUT-43Qに付属する雲台 (QHD-U4Q)は華奢な印象です。水準器はついていないです。

ピークデザインとクイックシューは相性が悪い

カメラにピークデザインのキャプチャープロカメラクリップ( CP-2 )やクラッチ(CL-2)用を使用しているときに、三脚にカメラを取り付ける方法としては
①ベースプレートを取り外して三脚用のクイックシューを取り付ける
②CP-2を三脚に取り付けて、カメラを設置する

の2通りがあります。

f:id:dokusyokeibudono:20170717082202j:plain雲台を外して代わりにCP-2を取り付けた状態です。

 

f:id:dokusyokeibudono:20170717082239j:plainベースプレートを差し込んだだけだとガタガタするので三脚として使用するには右側に見えているネジを締めなければいけないのですが、結構固くて大変です。


せっかく便利なピークデザインを使っているのに、これはとても面倒です。

ピークデザインのベースプレートは「アルカスイス互換」という規格の雲台に直接取り付けられる仕様です。
ピークデザインを使いつつUT-43Qを生かす為に雲台を「アルカスイス互換」のものに交換してしまおうと考えました。

UT-43Qを選んだ理由

 私のカメラはオリンパスのPEN mini E-PM2とOM-D E-M1markⅡの2台体制です。オリンパスを選んだのはコンパクトでデザインが良いから。
三脚を探すときもコンパクトで持ち運びの便利さを優先しました

カバンにすっぽり入る

通常のサイズの三脚だとリュックの外側にくくりつけていたり、専用の袋に入れて肩から下げているのをよく見かけますがせっかくコンパクトなカメラを使っているのだから、三脚も鞄の中に入れてスッキリ持ち運びしたいと思いました。旅行に行ったときに三脚を肩から掛けたりリュックにくくりつけるのは面倒でスマートでないからです

縮長が27.2cmで鞄にすっぽり入る

UT-43Qを折りたたんだときの長さ(縮長)は27.2cmです。
このサイズですと仕事の時は土屋鞄の「トーンオイルヌメ・デイリートート」、遊びの時はピークデザインの「エブリデイ・バックパック20L」にスッポリ入るので、楽に携帯しています。

f:id:dokusyokeibudono:20170628111326j:plain土屋鞄の「トーンオイルヌメ・デイリートート」に入れた状態

 

f:id:dokusyokeibudono:20170717080913j:plainエブリディバックパック20Lにもすっぽり入ります。1番下にはカメラを入れる。

 

全高33.5~155cmで便利

 UT-43Qを買う前は更にコンパクトな、ベルボンのCUBEを使用していました(今でも使用しています)。こちらは縮長24cm、一番厚い部分の厚さは32mm、重さは390gしかありません。たたんだ時はかなり薄いのでカバンの中に入れているのを忘れてしまうくらいでした。気軽な家族旅行の記念撮影用にはこれ以上ないほど軽量・コンパクトで思ったよりも安定します。

f:id:dokusyokeibudono:20170717082637j:plain上がCUBE、下がUT-43Qです。CUBEはたたんだときにフラットになるので、カバンの中でも邪魔になりません。


しかし耐荷重は400gでE-PM2には良かったのですがE-M1mkⅡには本体だけで重量オーバーですし、安定性は普通の三脚には遠く及びません。
全高も94cmなのでもう少し高さが欲しい時もあります。

UT-43は縮長が27.2cmと短いながら、最大の高さは155cmと私の用途では十分です。
また、開脚角度を調整する機能があるので最低高は335.cmまで落とせます。

重さは1080g、そこそこ重いが...まぁOK

ずっしりと重い一眼レフでも使用可能で長時間露光撮影にも対応可能な三脚は一般的にはもっと重いと思うので、この重さはまだ軽い方だと思います。しかし実際は結構重く感じます。
UT-43Qの耐荷重は2.0kgで1080g、同じシリーズのUT-53Qは耐荷重2.5kgで1400g、UT-63Qは耐荷重3.0kgで1590gとどんどん重量アップします。1080gは許容範囲なのかなぁと思いますが、特に肩から掛けるトートバックの場合は重く感じます。
ネットで三脚を調べているときに「三脚は最初からしっかりとしたものを選ぶべし」みたいな記事をよく見かけましたが、私にとってコンパクトで軽く持ち運びしやすいのは大切です。
カメラの選択と同じく、重くて機動力が弱くなるなら旅行にも持っていかなくなるかなぁと思いました。

雲台をSIRUI K-10Xに交換 

「アルカスイス互換」雲台の候補

 本題の雲台の交換です。アルカスイス互換の雲台を検索すると高価なものが多かったです。その中で候補に挙がったのがSIRUIの
・K-10X(ボール径33mm全高93mm380g)
・K-20X(ボール径38mm全高98mm430g)
・G-10X(ボール径29mm全高65mm300g)
・G-20X(ボール径36mm全高100mm360g)
です。

「ハイエンド」「フリクションメモリー機能」「軽量」K-10Xに決定

 一番軽いのはG-10Xなので、これにしようかと思いましたが「Kシリーズ」のボール固定ツマミ「フリクションメモリー機能」が気になりました。自由雲台の角度を調整するツマミの摩擦をあらかじめ設定でき、緩めすぎて「カックン」となってしまわないように摩擦を調整できる機能です。また「ハイエンド」という言葉に魅かれ、写真で見ると質感が高いように思ったのでKシリーズでより軽い型のK-10Xを購入しました。

 

交換は簡単

交換はもともとの雲台をくるくる回して取り外し、SIRUIの雲台を取り付けるだけです。ベルボンは細ネジ、SIRUIは太ネジなのでネジ径が違いますが、K-10Xに細ネジ用の変換アダプターが付属していますのでそれを使って取り付けることができます
また、変換アダプターを挟むことにより座金の分、三脚と雲台の間に隙間が1mm程空きます。

f:id:dokusyokeibudono:20170717081848j:plainベルボンの三脚は細ネジ。シルイの雲台は太ネジなのでネジ穴に付属の変換アダプターを入れてサイズを合わせることができる。

ベースがはみ出る

KUT-43Qの雲台のベース径は35mmでぴったりでしたが、K-10Xはベース径49mmなので、全周7mm程はみ出します。見た目は多少頭でっかちになりますが、私はあまり気になりません。

f:id:dokusyokeibudono:20170717081500j:plain雲台と三脚の間に1mm程度隙間が。幅は全周7mmはみ出ます。

重量は170gUP、トータル1570g

UT-43Qの雲台QHD-U4Qは210g、K-10Xは380gなので170g重くなります。

f:id:dokusyokeibudono:20170717121318j:plain重くなるのは嫌なので雲台の交換を最初は躊躇しましたが、ピークデザインを気に入ってしまったのでアルカスイス互換に交換せずにはいられなくなってしまいました。

交換してみての感じは、「慣れると同じようなもの」です(笑)。
それよりもピークデザインのベースプレートを付けたカメラをそのまま三脚に取り付けられる方がメリットが大きいと思います。

縮長は1.8cmUP、29cmになる

UT-43Qは雲台の部分を折りたたんだ脚の間に入れてさらにコンパクトにすることができます(縮長27.2cm)。K-10Xに雲台を交換した場合、脚の間に入れることができなくなるのでその分縮長が1.8cm長くなり、29cmになります。しかし30cm以内には納まって、私の持っている鞄の中に入れることができるので十分コンパクトだと思います。

f:id:dokusyokeibudono:20170717081154j:plain三本の脚の間に雲台のつまみが来る様に位置を調整すると脚がしっかりたためます。

ピークデザインのベースプレートをK-10Xに取り付ける

K-10Xの水平器側から、落下防止ストッパーのボタンを押しつつベースプレートを差し込みます。ベースプレートがストッパーが隠れるくらいの位置まで差し込んだらボタンを離します。その状態で落下防止がベースプレートから外れなくなりますが、右側の固定ネジを締め付て取り付け完了です。
当然ですがガタツキはなくしっかりと固定されます。

f:id:dokusyokeibudono:20170717083219j:plain

質感UP

 UT-43Qの雲台はおそらく軽量化の為、華奢な印象だったのですが、SIRUIのK-10Xは質感が高く、三脚全体の質感がかなりUPしたと感じています。
GシリーズではなくハイエンドモデルのKシリーズにして良かったです。
雲台の質感を見ている人はあまりいないと思うので自己満足ですが(笑)

f:id:dokusyokeibudono:20170717114905j:plainOM-D E-M1 markⅡとのバランスもいいです♪( ´▽`)

操作感が良い

K-10Xにはツマミが3つあります。3つとも丁度良い抵抗があり操作感がよく、パン(水平回転)は油圧で調整されているのでしょうか、ヌルッとした感じでなめらかです。
 フリクションメモリー機能もボールのつまみを緩めた時の抵抗がちょうどよくなり、安心です。

f:id:dokusyokeibudono:20170717114813j:plain1番大きいつまみの側面の円い部分が「フリクションメモリ機能」のダイヤルです。設定するときは説明書を読まないとよく分かりませんでしたが一回設定した後はいじっていません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。UT-43Qの雲台をSIRUIのK-10Xに交換すると、

〇ピークデザインのベースプレートを直接三脚に固定できる。

〇UT-43Qには無い水平器がある。

〇三脚の質感が良くなる

〇操作感が良くなる

〇フリクションメモリー機能が良く、カックンしない様に調整できる

☓重さは170gUP、トータル1570g(少し重い)

△縮長は1.8cmUP、トータル29cm(鞄に入る)

△ネジの太さの違いは付属の変換アダプターで解消。隙間が1mmほど空く

△雲台は全周7mmはみ出る

 
ピークデザイン(キャプチャー、クラッチ)を使用されている方は是非三脚もアルカスイス互換の雲台にして便利に使って頂きたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

30daysAlbum 多量の写真データの保存・管理・活用方法③(活用編)

以前の記事で30daysAlbumのサービスを利用した、多くの写真データを便利に保存、管理の方法について、実際に私の行っている手順をご紹介させて頂きました。

今回は私が友達との間や会社(建築関係)で30daysAlubumをどのように活用しているか書きたいと思います。今回は手順というより 事例を箇条書きで書いていきます。

ひとつでもこれは便利!効率が良くなる!ということがあれば嬉しいです。

また、30daysAlubumのHPの「私の30daysAlubum活用法」で紹介されていますので、併せてご覧いただければと思います(重複する内容もあります)

f:id:dokusyokeibudono:20170716005606j:plain

アルバムのアドレスをメールで送る

「アルバムを友達に教える」ボタンからアルバムのURLをコピーしメール本文に張り付ける。という簡単な作業です。基本的にURL以外のアルバムは見ることが出来ませんが、URLは末尾が番号になっているのでこの番号を変えることで他のアルバムを見ることが出来てしまいます。他のアルバムを見られたくない人に送る場合はアルバムに「合言葉」を設定することでこれを防止することができます。

 

仕事編(建築系です)

 ①完成した建物の竣工写真を撮ってきて全て写真をアルバムに登録する。関係したスタッフにお礼もかねて30daysAlubumのアドレスをメールで送る。こうすることで完成した建物を見れなかったスタッフも完成した物件の様子を見ることができます。

②メールを受け取ったスタッフはipadやiphoneで開き、ブックマークすることで他の物件の打ち合わせでお客様に写真を実例として紹介することができます。(自分で写真を撮らなくてもよい)

③アルバムに登録した写真の中でよく撮れたものや広角レンズの歪みを補正した写真を別のアルバムにまとめ、お客様にアドレスを送ることで記念になります。

④現場調査を複数の担当者で行い、個々で写真を撮ってきたものを一つのアルバムにまとめることによって、情報の共有をすることができます。それぞれで写真を撮っていると自分以外の人が撮った写真の見たい部分を探すのに苦労しますが、アルバムの共有をすることにより簡単に写真を探すことができます。他の人が撮った写真を見ることによって新しい発見があったりします。

⑤物件ごとにアルバム形式にまとめておくと打ち合わせ時にアルバム名で検索してすぐに実例の写真を出すことができます。会社のパソコンのフォルダに保存してしまうと机に戻らないと写真を出せませんが、30daysalubumなら出先でもipad、iphoneですぐに実例写真を出すことができます。

建築の世界では写真は非常に重要なものです。特に実例の写真というのは説得力があるので、その写真をすぐに探せたり、共有できるということは非常に大きなメリットです。

友達・イベント編 

①学生時代(幼稚園・小学校~大学時代)のアナログ写真をスキャンして、それぞれアルバムを作成し、アルバムのアドレスをメールやラインで送ったらみんなに大変喜ばれました。巡り巡って担任の先生にまで渡り、お礼のメールが届きました。^ - ^

②結婚式や幼稚園のイベントで撮った写真をアルバムに登録。出席者にアルバムのアドレスを送り、「それぞれの撮った写真も自由に登録してください」と伝えます。

通常、写真は自分が撮ったものや良く撮れたものだけを数枚送ってもらったものしか自分の元には残りませんが、他のお母さんが撮った我が子の写真も残すことが出来るようになります。30daysAlubumの大きな特徴ですが、同じ時間にいろんな角度から撮った写真が集まると面白い感じになります。学生さんは修学旅行などで別行動していた友達の写真を見れたりして、楽しいと思います。
結婚式だと、みんな写真をそれぞれ撮っていると思いますが、その写真のほとんどがそれぞれのカメラやIphoneの中に埋もれたままになってしまっていると思います。それを30daysAlbumにまとめて、URLを新郎新婦に送ってあげることでプロのカメラマンが撮った以外の、出席者同士で撮った写真も新郎新婦が見ることができ、思い出も倍増することと思います。

まとめ

f:id:dokusyokeibudono:20170716005709j:plain

3回にわたって30daysAlubumについて書いてきました。

30daysAlbum を使用するまではSDカードにデータがたまると外付けのHDDに保存していました。HDDが壊れてしまうと思い出も全て消えてしまいますし、写真を探すのも大変でした。
旅行やイベントでもない限り、日々の何気ない写真なんて絶対見つかりません。30daysAlbum だとアルバム名で検索ができるし(ただしPCのみ、タブレットでもアルバム名検索が出来たらいいのに)アルバムの表紙に代表的な写真を設定しておけばなんとなくどんな日だったのか思い出せます。

月々300円の費用で、サービスが無くならない限りずっと昔の思い出も残すことができるでしょう。

前回も書きましたが、最終的には私の子供にこのサービスを引き継いでもらいたいと思っています。

なので、どんどんこのサービスを進化させて頂き、思い出を残すツールとして発展して頂きたいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シャーロック ホームズの思い出と『SHERLOCK』

私はあまりTVを観ない方だと思いますが、刑事ドラマは大好きで相棒、9係、京都地検の女、京都迷宮案内、おみやさん、アンフェア、ストロベリーナイト、緊急取調室、臨場、遺留捜査、科捜研の女、刑事7人…と主にTV朝日系を中心に録画して観ています。(あまりにも面白くないものは観ませんが..)

 

「シャーロックホームズ」が私の刑事ドラマ好きの源流

なぜ私が刑事ドラマが好きになったのかと考えてみたところ、小学生の時に読んだ「シャーロックホームズ」が源流かもと思いました。

「シャーロック・ホームズ」シリーズは短編が多いですが、初めて買ってもらったものは長編のハードカバーで分厚い「バスカヴィル家の犬 」という本でした。

読むのにすごく時間がかかかりましたが、地道に少しづつ読んだことを覚えています。
生まれて初めて「栞」を使ったのはこの本だと思います。

「完訳版シャーロック・ホームズ全集 全14巻」の方は2003年発売になっていますが、表紙のデザインは1980年代のままで、私が持っていたものと同じです。懐かしい( ´∀`)

最近の実写版「シャーロック・ホームズ」

 最近の実写版「シャーロック・ホームズ」は2種類あります。

①『アイアンマン』のロバート・ダウニーJr主演『シャーロック・ホームズ』

 シャーロック・ホームズ役はロバート・ダウニーJr

『シャーロック・ホームズ』(2009年)
『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』(2012年)

こちらの映画は原作シャーロック・ホームズの昔ボクサーだったエピソードで格闘技のシーンが多いです。

②現代のロンドンで活躍する『SHERLOCK』

こちらはシャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが現代のロンドンで活躍する設定です。
映画も含めて全て観ましたが、かなり中毒になりました。

シャーロック・ホームズ役はベネディクト・カンバーバッチ
 ジョン・ワトソン役はマーティン・フリーマンです。

 

 現代のロンドンでシャーロック達が活躍する話なので、原作の時代(1887-1927)には無いスマホや現代科学、馬車ではなく自動車、コンピューターが話の中に出てきます。それらを利用して事件を解決したりするところが今までの作品と違う魅力のひとつです。

原作ではホームズは気難しく「変わり者」で描かれていますが、『SHERLOCK』ではそれがけっこう強調されていますが、人間味があるところもちゃんと表現されています。シーズン3にジョンの結婚式の話があるのですが、その辺がすごく良く表現されていて素晴らしいなと思いました。

 

映画版の『忌まわしき花嫁』はシーズン1~3まで全てコンプリートしてから観るのがよいと思います。

 また、『SHERLOCK』は現代の設定なので原作と全く違う話に見えますが、原作のストーリーをフィーチャーしているシーンがたまに出てくるのもオールドファンにはたまらない魅力です。(第1話『ピンク色の研究』→原作に『紺色の研究』という話がある)。タイトルだけでなく、話の中でも原作に出てきたエピソードがこっそり演出されてたりしました。
これは『SHERLOCK』を観終わった後にKindleで久々にまた小説を読んでみたら、色んなエピソードが散りばめられていることに気づくことが出来ました。

待望の 『SHERLOCK(シャーロック)4」放送

 そして今回、NHK BSプレミアムにて待望の「シャーロック シーズン4」(全3回)が放送されます。 (2017年7月8日(土)から全3回)

 

今回は二人の関係に少し変化があるようです。(今までも色々とありましたが)

結局はホームズが事件を解決してしまうと思うのですが、その道筋が楽しみですね‼︎